方法としての子ども 電子書籍 おトク クーポン GET

BookLive「ブックライブ」の方法としての子ども無料試し読みコーナー


エロス、労働、死という三つのキーワードから、子どものありようを大人との関係のなかに捉えていく本質的子ども論。たとえば絵本「こぶたのまーち」を手がかりに親子関係を、またサンタクロースを手がかりに、子どもにとっての孤独や死について考える。大和書房刊(1987年初版)、ちくま学芸文庫化(1996年)を経て、2005年、索引と著者の書き下ろしを追加してポット出版より復刊。「大人」の条件やイメージが崩れているなか、子どものありようを考えることで「大人とは何者か」の問いに答える。
続きはコチラ



方法としての子ども無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


方法としての子ども「公式」はコチラから



方法としての子ども


>>>方法としての子どもの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)方法としての子どもの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は方法としての子どもを取り揃えています。方法としての子どもBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると方法としての子どもは1080円で購入することができて、方法としての子どもを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで方法としての子どもを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)方法としての子どもを勧める理由


どういった話なのかが不確かなまま、タイトルだけで買うかどうかを決めるのは極めてリスキーです。タダで試し読みができるBookLive「方法としての子ども」ならば、それなりに内容を知ってから購入可能です。
懐かしいコミックなど、店頭では取り寄せを頼まないと読むことができない書籍も、BookLive「方法としての子ども」という形でバラエティー豊富に陳列されているので、その場で直ぐにDLして読みふけることができます。
無料漫画というのは、店舗での立ち読みと同様だと考えることができます。本の内容をそれなりに理解した上で購入できるので、ユーザーも安心感が増します。
マンガの売上は、残念ながら低下の一途を辿っている状況です。昔ながらの販売戦略に見切りをつけて、いつでも読める無料漫画などを提示することで、新規利用者の獲得を目論んでいるのです。
購入した書籍は返すことが出来ないので、内容をざっくり確認してからお金を払いたい人には、試し読みで内容が確認できる無料電子書籍はメチャクチャ役立ちます。漫画も中身を読んでから買うことができるわけです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







方法としての子どもの概要

                              
作品名 方法としての子ども
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
方法としての子どもジャンル 本・雑誌・コミック
方法としての子ども詳細 方法としての子ども(コチラクリック)
方法としての子ども価格(税込) 1080円
獲得Tポイント 方法としての子ども(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ