Webクリエイター能力認定試験スタンダード 公式テキストブック 電子書籍 おトク クーポン GET

BookLive「ブックライブ」のWebクリエイター能力認定試験スタンダード 公式テキストブック無料試し読みコーナー


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。サーティファイ Web利用・技術認定委員会が主催する「Webクリエイター能力認定試験」は、Webページを制作するためのXHTMLファイルのコーディング能力、および基本的なデザイン能力を有し、Webサイトを構築するためのクリエイター能力を測定・評価する認定試験です。現役のWebクリエイターはもちろんのこと、Webディレクターやプログラマー、デザイナー、それらを目指す学校や教育機関で学習されている方など、Webにかかわる全ての方々を対象としています。 本書はこの「Webクリエイター能力認定試験スタンダード」の公式テキストブックで、試験の出題範囲に沿って、Webサイト制作のもっとも基本となる(X)HTMLやCSSのスキルが身につくように構成されています。 【第1章:基礎知識】ではブラウザー、ドメイン、コーディング、画像など、Web制作の基本項目を解説。【第2章:HTMLとXHTML】と【第3章:CSS】では、HTML/XHTMLとCSSについて学習していきます。 【第4章:サンプル問題とその解説】には、「Webクリエイター能力認定試験 スタンダード」のサンプル問題を掲載しています。力試しにぜひ実際に取り組んでみてください。その後の解説で答え合わせをしながら、必要に応じて第1章~第3章に戻って再読すると、より理解が深まることと思います。 これだけは覚えておきたい項目を厳選して、簡潔に、わかりやすくまとめていますので、受験目的の人だけでなく、Web制作の基本を学習したい人にも最適なカリキュラムとなっています。■著者鷹野 雅弘(たかのまさひろ) 株式会社スイッチ Webサイトの構築やコンサルティングを中心に、WebやDTPに関しての講演やトレーニングのほか、スクールなどのカリキュラム開発も手がける。テクニカルライターとして10冊以上の著書を持つほか、書籍の企画や編集なども行っている。2005年からCSS Nite(http://cssnite.jp/)を主宰。2009年から日刊デジタルクリエーターズ、デジタルハリウッドとともにDTP Booster(http://www.dtp-booster.com/)を開催。
続きはコチラ



Webクリエイター能力認定試験スタンダード 公式テキストブック無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


Webクリエイター能力認定試験スタンダード 公式テキストブック「公式」はコチラから



Webクリエイター能力認定試験スタンダード 公式テキストブック


>>>Webクリエイター能力認定試験スタンダード 公式テキストブックの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)Webクリエイター能力認定試験スタンダード 公式テキストブックの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はWebクリエイター能力認定試験スタンダード 公式テキストブックを取り揃えています。Webクリエイター能力認定試験スタンダード 公式テキストブックBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとWebクリエイター能力認定試験スタンダード 公式テキストブックは2430円で購入することができて、Webクリエイター能力認定試験スタンダード 公式テキストブックを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでWebクリエイター能力認定試験スタンダード 公式テキストブックを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)Webクリエイター能力認定試験スタンダード 公式テキストブックを勧める理由


店頭販売では、展示する面積の関係で置くことができる本の数に制約が出てしまいますが、BookLive「Webクリエイター能力認定試験スタンダード 公式テキストブック」ならそういった制限をする必要がなく、ちょっと前に発売されたタイトルも数多く用意されているのです。
その他のサービスを凌駕して、これほどまで無料電子書籍という形態が浸透してきている理由としましては、一般的な書店が減少傾向にあるということが指摘されています。
近年スマホで堪能することができる趣味も、さらに多様化が図られています。無料アニメ動画は当然の事、無料電子書籍や手軽にプレイできるスマホゲームなど、多くの選択肢の中から選ぶことが可能です。
0円で読める無料漫画をわざわざ提示することで、利用者数を引き上げそこから販売につなげるのが事業者にとっての目論みだと言えますが、当然ユーザーも試し読みが出来るので、買うかどうかの判断に役立ちます。
サービスの細かな点に関しては、運営会社毎に違います。だからこそ、電子書籍を何処で購入するのかというのは、比較しなくてはいけないということです。軽々しく選ぶのは危険です。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







Webクリエイター能力認定試験スタンダード 公式テキストブックの概要

                              
作品名 Webクリエイター能力認定試験スタンダード 公式テキストブック
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
Webクリエイター能力認定試験スタンダード 公式テキストブックジャンル 本・雑誌・コミック
Webクリエイター能力認定試験スタンダード 公式テキストブック詳細 Webクリエイター能力認定試験スタンダード 公式テキストブック(コチラクリック)
Webクリエイター能力認定試験スタンダード 公式テキストブック価格(税込) 2430円
獲得Tポイント Webクリエイター能力認定試験スタンダード 公式テキストブック(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ