木々野さん家の夕食(1) 電子書籍 おトク クーポン GET

BookLive「ブックライブ」の木々野さん家の夕食(1)無料試し読みコーナー


▼第1話/蘭子のフィアンセ▼第2話/激辛カレーライス▼第3話/味の思い出▼第4話/花嫁の父▼第5話/キスの味▼第6話/対決!!嫁vs姑▼第7話/30年ぶりの味▼第8話/シコふんじゃった▼第9話/チョコケーキに愛を込めて▼第10話/花よりつくね ●登場人物/木々野蘭子(一流料亭の花板を父に持つくせに無類の味オンチ)、葉山マサキ(コスモスホテルのコックさん)、葉山イブキ(マサキの息子で大人びた幼稚園児)、木々野ソテツ(蘭子の父。日本橋の料亭「菊膳」の花板。頑固者だが結構親バカ)、木々野サクラ(蘭子の母。おっとりしているがシメるところはシメたりする) ●あらすじ/ある日のこと、木々野家は娘の蘭子のフィアンセを迎え入れるため、朝から皆とても緊張していた。ところが、やってきたのはフィアンセの息子の葉山イブキという小さな男の子。娘が子持ちの男と一緒になろうとしていると知って、蘭子の両親は激怒するが……(第1話)。▼ソテツは、娘の蘭子と葉山マサキの結婚に大反対。そんな折、ソテツはひょんなことから蘭子が彼を納得させるようなカレーライスが作れたら、もう一度マサキに会ってもいいと約束する。味オンチの蘭子の苦闘が始まるが、彼女は自分の作ったカレーライスを試食してお腹をこわしてしまう……(第2話)。 ●その他のデータ/表紙の料理制作~K&B STUDIO、写真撮影~岡本好明
続きはコチラ



木々野さん家の夕食(1)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


木々野さん家の夕食(1)「公式」はコチラから



木々野さん家の夕食(1)


>>>木々野さん家の夕食(1)の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)木々野さん家の夕食(1)の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は木々野さん家の夕食(1)を取り揃えています。木々野さん家の夕食(1)BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると木々野さん家の夕食(1)は540円で購入することができて、木々野さん家の夕食(1)を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで木々野さん家の夕食(1)を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)木々野さん家の夕食(1)を勧める理由


電子無料書籍を有効活用すれば、時間と労力を掛けて本屋まで出向いて中身をチラ見する必要がなくなります。そんなことをしなくても、「試し読み」することで内容のリサーチを済ますことが可能だからです。
老眼が悪化して、近くの文字がぼや~っとしか見えなくなってきたという読書好きの中高年の人にとりまして、スマホ上で電子書籍を読むことができるというのは、本当に画期的なことなのです。フォントサイズを自分好みに調整できるからです。
1冊1冊本屋まで行くのは時間がかかりすぎます。だとしても、一気に買うというのは内容がイマイチだったときの金銭的及び精神的ダメージが甚大だと言えます。BookLive「木々野さん家の夕食(1)」なら個別に購入できて、その点で安心できる事請け合いです。
お金を支払う前に内容を確認することが可能だというなら、読み終わってから失敗したと思うような事が少なくなります。店頭での立ち読みと同じように、BookLive「木々野さん家の夕食(1)」でも試し読みをすれば、どんなストーリーか確認できます。
買った本は返品不可のため、内容を吟味してから買いたいと考えている人にとって、試し読みが可能な無料電子書籍はメチャクチャ便利なはずです。漫画も中身を確認してから買えるのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







木々野さん家の夕食(1)の概要

                              
作品名 木々野さん家の夕食(1)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
木々野さん家の夕食(1)ジャンル 本・雑誌・コミック
木々野さん家の夕食(1)詳細 木々野さん家の夕食(1)(コチラクリック)
木々野さん家の夕食(1)価格(税込) 540円
獲得Tポイント 木々野さん家の夕食(1)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ