日本の新規公開市場 電子書籍 おトク クーポン GET

BookLive「ブックライブ」の日本の新規公開市場無料試し読みコーナー


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。なぜ初値は公開価格よりも高いのか?なぜ新規公開株の長期パフォーマンスが低いのか? なぜ1月から6月の収益率は高いのか? 公開後も順調に成長するのか? ――類例のない包括的データに基づき、行動ファイナンスなどの最新の研究成果を踏まえ、日本のIPOの問題を多面的に解明する!【主な内容】序章 本書の問題意識第1章 日本の新規公開市場第2章 IPO研究の展開第3章 系列関係と財務の健全性第4章 入札方式下における引受証券会社の役割第5章 新規公開株の初値形成と半年効果第6章 長期パフォーマンスと半年効果第7章 子会社公開第8章 新規公開企業の業績と株式所有構造
続きはコチラ



日本の新規公開市場無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


日本の新規公開市場「公式」はコチラから



日本の新規公開市場


>>>日本の新規公開市場の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)日本の新規公開市場の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は日本の新規公開市場を取り揃えています。日本の新規公開市場BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると日本の新規公開市場は2916円で購入することができて、日本の新規公開市場を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで日本の新規公開市場を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)日本の新規公開市場を勧める理由


近年、電子書籍業界では今までになかった「読み放題」というサービスが誕生し注目が高まっています。1冊毎にいくらというのではなく、ひと月いくらという料金収受方式です。
誰でも読める無料漫画を置くことで、集客数を上げそこから販売につなげるのが事業者側の目的というふうに考えられますが、反対にユーザー側からしても試し読みが可能なので、失敗が少なくなります。
「連載物として売られている漫画を購入したい」と言われる方には不要だと思われます。でも単行本が出版されてから買うようにしていると言う人にとっては、前以て無料漫画で内容を確かめられるのは、本当に役立ちます。
BookLive「日本の新規公開市場」を使用すれば、自分の部屋に本を置くスペースを作る事は不要です。欲しい本が発売になるたびに本屋に立ち寄る手間も不要です。こういった理由から、利用者数が増え続けているのです。
「家の中以外でも漫画を満喫したい」とおっしゃる方に最適なのがBookLive「日本の新規公開市場」だと言って間違いありません。荷物になる書籍を持ち運ぶということからも解放されますし、鞄の荷物も重たくならずに済みます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







日本の新規公開市場の概要

                              
作品名 日本の新規公開市場
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
日本の新規公開市場ジャンル 本・雑誌・コミック
日本の新規公開市場詳細 日本の新規公開市場(コチラクリック)
日本の新規公開市場価格(税込) 2916円
獲得Tポイント 日本の新規公開市場(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ