資本主義をとことん考える 電子書籍 おトク クーポン GET

BookLive「ブックライブ」の資本主義をとことん考える無料試し読みコーナー


先進国を中心に長期停滞論が叫ばれ、拡大する貧富の差がその限界論を裏付けようとしている。「資本主義」というシステムは限界に達したのか。どこに問題があるのか。徹底検証した。本書は週刊エコノミスト8月12・19日合併号の特集「資本主義をとことん考えよう」をまとめた。主な内容Part1 何が問題か・ピケティ理論で知る資本主義の本質・長期停滞論 先進国が直面する避けがたい限界・インタビュー バリー・アイケングリーン教授・対談 寺島実郎vs水野和夫・日本の現実 速いスピードで若年層格差が深刻化・120年実証研究 日本も戦前は「格差社会」 高度成長期に「格差なき成長」・法人税減税は有効か 不公平感をなくす所得再分配政策を・タックスヘイブンの弊害 専門テクを駆使して税金を払わないグローバル企業・ピケティ理論と日本経済 資本分配率の上昇は日本には当てはまらない・日本経済の課題 回復には生産性の向上が不可欠Part2 歴史に学ぶ・資本主義の起源 「英国」や「西欧」を超え「世界的」だった・グローバリゼーション 覇権国の盛衰と金融危機を伴う・財閥が果たした役割 企業統治と買収で資本市場を活性化・なぜキリスト教だけか ウェーバーが説き明かした資本主義成立の条件・経済学は考える 資本主義における「対立」と「不況」・アジアと欧米で違い 経済成長の経路は同一ではないPart3 秘話探訪・サッカーと初期資本主義・富岡製糸場―近代産業の原点・サグラダ・ファミリア教会のパトロン
続きはコチラ



資本主義をとことん考える無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


資本主義をとことん考える「公式」はコチラから



資本主義をとことん考える


>>>資本主義をとことん考えるの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)資本主義をとことん考えるの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は資本主義をとことん考えるを取り揃えています。資本主義をとことん考えるBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると資本主義をとことん考えるは216円で購入することができて、資本主義をとことん考えるを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで資本主義をとことん考えるを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)資本主義をとことん考えるを勧める理由


流行のアニメ動画は若者だけのものではなくなりました。アダルト世代が見ても思わず唸ってしまうような作りで、壮大なメッセージ性を秘めた作品も稀ではないのです。
スマホを使っている人なら、手軽に漫画を満喫することが可能なのが、コミックサイトの売りです。1冊単位で購入するスタイルのサイトや月額料金が固定のサイトなど様々あります。
電子書籍ビジネスにはいろんな会社が参入しているので、入念に比較してから「どの電子書籍をチョイスするのか?」を決めることが大切です。広範囲な本が揃っているかとかコンテンツ、価格などを総合判断することを推奨します。
CDをちょっとだけ聞いてから買うように、漫画だって試し読みした後に買い求めるのが当然のことのようになってきたのです。無料コミックにて、気になっていた漫画を見つけ出してみて下さい。
ショップでは、展示場所の関係で扱える漫画の数に制限がありますが、BookLive「資本主義をとことん考える」ではこんな類の問題がないため、ちょっと前に発売されたコミックも多々あるというわけです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







資本主義をとことん考えるの概要

                              
作品名 資本主義をとことん考える
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
資本主義をとことん考えるジャンル 本・雑誌・コミック
資本主義をとことん考える詳細 資本主義をとことん考える(コチラクリック)
資本主義をとことん考える価格(税込) 216円
獲得Tポイント 資本主義をとことん考える(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ